03-5363-6930
お問い合わせボタン

ユーザー紹介Introduction

ATC アジア太平洋トレードセンター株式会社様

SCWARE テナント管理システム 導入事例

大型SCの運営には、信頼するSCWAREテナント管理システムと大きな理想が必要です

敷地面積67,000m2、延床面積336,000m2の広大な敷地を誇るATCは、今年で開業18年目を迎える。
ATCの位置する大阪南港コスモスクエア地区は、コスモタワー展望台や国際見本会場インテックス、高層マンション、世界最大級観覧車なども擁する、一大港都市だ。この地区とともに進化し続け、現在の大阪のシンボルともいえる超巨大SCへと成長したATC。この大型SC運営にも、SCWAREテナント管理システムが選ばれた。

他社と比べ、実際に使用し、重ねて検討した結果「SCWAREテナント管理システム」に行き着いた

--SCWAREテナント管理システムを選んだ経緯を教えてください。

(ATC担当課長)ATCには、オフィススペースと商業スペースがあります。発足当時導入したシステムは、主にオフィス用のシステムでした。 そこに、商業テナント管理のシステムを組み込んで足していき、両面から管理した結果、二重の手間がかかってしまっていました。
(ATC担当チーフ)開発コストもマンパワーもだいぶかかっているのに、複雑で使いにくく、何か替わるものはないかと探していました。 そんなとき、日本ショッピングセンター協会が主催するビジネスフェア相談会に参加、SCキューブのSCWAREテナント管理システムを知ったのです。

tantou

他にも何社かのシステムを取り寄せ、慎重に比べて検討した結果、
・操作メニューが業務手順の流れと同じで使いやすいこと
・テナント売上日報、月報が社内で共有化ができること
・テナント売上や家賃請求データが簡単にEXCELにできること
などの理由から、SCWAREテナント管理システムの導入を決定しました。デベロッパーサイドの実務業務に精通していることも選んだ大きな理由のひとつです。

デベロッパーの実務業務に精通しているSCキューブならではのシステム

--導入して日常業務で変化したことはありますか?

(ATC担当チーフ)何よりも、作業が簡素化してコストも時間も大幅にダウンしたところですね。 SCに特化しているパッケージ製品ですので、現場担当者の立場に立って作られているのがいいと思います。 使う人にとってわかりやすい、というのが最大の魅力じゃないかな、と思います。

scware

(ATC担当課長)SCWAREパッケージシステムに合わせて業務を見直した事によって、作業は今までよりもずっと効率化しましたし、画面を見て処理できるので、余計なプリントアウトが不要になりました。 また何より、誰にでも分かりやすい画面構成のため、日次業務がぐんとスムーズになりました。管理側の私たちに必要な情報が完備されているので、営業面でも役立っています。 「以前よりも見やすい」と好評を得ているのは、デベロッパーの実務業務に精通しているSCキューブならではのシステムだからだと思います。

コスモスクエア地区の「楽しいこと」発信拠点に

ship

フェリーターミナル 「さんふらわあ号」で九州方面にノンビリ船旅も たのしそうだ。

--ATCを運営・発展させていく上での目標を教えてください。
kannai

(ATC担当チーフ)ATCは、土日はファミリーやカップル、平日はビジネスマンが中心、というように、客層が幅広いんです。 どのお客様も楽しめるように、いろいろな顔をどんどん増やしていきたいと思っています。イベントが多く、港もキレイだし、催し物ホールもある。 「ここに来れば何かがある」といつでも楽しみに思ってもらえるSCになるよう、進化し続けたいと思います。
(ATC担当課長)お客様に「楽しい非日常空間」を提供していければ、と思います。ATCは、夕日も夜景も本当に美しいんです。ひとりでも多くのお客様にATCを楽しんでいただけるよう、「コスモスクエア地区のイベント発信拠点」として、さらに進化していきたいと考えています。また、地域の活性化につながるよう地域開発にも力を入れ、コスモスクエア地区の発展に貢献していきます!